MENU

NEWS

お知らせ
HOMENEWSCOLUMNジョージ先生のイラスト解剖学教室 vol.27
towayoga からのお知らせをご紹介します。

ジョージ先生のイラスト解剖学教室 vol.27

IMG_2362

「小円筋(しょうえんきん)の作用 その1」

おはようございます。
理学療法士のジョージです。

今日のテーマは、
「小円筋(しょうえんきん)の作用 その1」
です。

小円筋は、
棘下筋(きょくかきん)
の下側についてます。

起始停止を確認しながら
その作用をみていきましょう。

小円筋の作用は、

【上腕を外側へ捻じる】

です。

この動きを肩関節の
“外旋(がいせん)”といいます。

実はこの外旋という
動きは棘下筋の作用でも
ありました。

言葉にすると同じですが、
作用の方向が少し違うんです。

イラストの矢印の方向を
確認しましょう。

このように、言葉で表現すると
同じいい方になるけど、
実際の作用は違うという
ことがよくあります。

まずは、言葉ではなく、
筋肉の起始停止や骨を
しっかり見てイメージすると、
分かりやすいと思います。

明日ももう少し、小円筋の
作用のお話をしますね。

MAIL MAGAZINE / メールマガジン購読