2014年11月24日

ジョージ先生のイラスト解剖学教室 vol.36

IMG_4587-212x300

肩甲挙筋の作用 挙上

おはようございます。
理学療法士のジョージです。

今日のテーマは、
「肩甲挙筋(けんこうきょきん)の作用 その1」
です。

この筋肉の作用を
考える時に、注意して
ほしいポイントがあります。

それは、起始停止の
どちら側の骨が動くかで
作用が違ってくると
いうことです。

今日は、首側が固定されて、
肩甲骨側が動く場合の
作用を紹介します。

肩甲挙筋の作用 その1

【肩甲骨を上に引きあげる】
です。

この動きを肩甲骨の
挙上(きょじょう)
といいます。

肩をすくめる動きと
いった方が分かりやすい
かもしれません。

明日は、逆に肩甲骨側が
固定されて、首側の骨が
動く時の作用をお話しますね