2015年8月6日

イラスト解剖学セルフメンテナンストレーニングコース in浜松 

IMG_6915.JPG

●セルフメンテナンス・トレーニングコース(SMA 
Self-Maintenance Course )

「その日から使える解剖学メンテナンス法習得コース」

in浜松

予約開始致しました!!!
こちらのコースは、しくみ整体院長で理学療法士でもある、有川譲二/ジョージ先生とヨガ指導者でありアーサナマスターの山本俊朗/トシ先生による人気のヨガ解剖学トレーニングコースです!
難しい解剖学図鑑を眺め暗記するだけで無く、体に触れ、ありそうで無かったイラスト解剖学図鑑を用いながら、整体医院長であり理学療法士の視点とヨガ的な観点から解剖学をより分かりやすくお伝えしていきます。

【内容】

ヨガのアーサナでも体を整えることはできますが、直接、手で触れるメンテナンスと組み合わせることで、更にその効果を高めることができます。

このコースでは、

●基本となる解剖学の知識

●体のバランス簡単チェック法

●メンテナンスの考え方

●簡単で即効性の高いメンテナンス法

など、その場で変化を感じやすい簡単で即効性の高いものを厳選しお伝えしていきます。

更に座学と実践から習得した手法をヨガクラスや実生活で直ぐに活かせる様にいくつかある《重要なポイント》をレクチャーしていきます。

また、これだけは知っておきたい解剖学の着眼点(どこをどう観察し触診するのか)をペアワークを通して、お互いを調整し合い、体の変化を確認していきます。
習ったその日から、あなた自身や、家族、生徒さん、体のケアーを必要とする人に愛の手を差し伸べてみて下さい。

このトレーニングコースではインプットだけでなくアウトプットする事での気付きと喜びを大切にして行きます。

【こんな方にオススメ】
・肩や腰、関節痛がある方

・解剖学に興味のある方

・解剖学に興味があるセラピストの方、ピラティスをされている方、ボディーワーカー、他の運動をされている方にもオススメです。

*知識、経験の有無は問いません。初めての方にも分かりやすい内容となります。

【ジョージ先生からのメッセージ】

今回のワークショップやトレーニングで私がお伝えしたい解剖学は、書店に並んでいる解剖の専門書とは違う解剖学です。
その違いは何かというと、言葉と画像を中心とした本による体と生きた人間の体の違いです。

何のために皆さんは解剖学を学ぼうと思うのでしょうか?
今、取り組んでいるヨガをもっと高めていくためではないでしょうか?
体のしくみを理解できれば、もっと効率良く、安全にヨガに取り組むことができる。そして、自分や生徒さんの様々な質問に答えることができるようになります。

確かに、解剖学はそれらの結果をもたらしてくれる素晴らしい学びに溢れています。

ですが、専門書を読めば、すぐにそこに答えがあるかというと、実際はそう簡単ではありません。

私は、正直、ただ闇雲に解剖学を学ぶのであれば、解剖学はあまりオススメはしません。

なぜなら、専門用語だらけの膨大な情報の中で迷子になり、言葉にとらわれ、本当に大事なことが分からなくなるからです。

これは私自身が経験したことでもあります。そして、何年も解剖学から遠ざかっていた時期がありました。
解剖学のどこをどう見たらいいのか。また、どう解剖学を自分の体の中に落とし込んでいけばよいのか。

こういったポイントを知った上で取り組めば、解剖学は本当に素晴らしい学問です。 

きっと、皆さんが求めている結果を手に入れることができるでしょう。

今回のワークショップでは、解剖学への取り組み方を中心にお伝えします。
トレーニングコースでは、解剖学の知識をいかにメンテナンスにいかすかをお伝えします。

どちらも、実際の体験の中で学んでもらうことで、座学では決して味わうことのできない生きた解剖学をお伝えできればと思います。

解剖学はその取り組み方や活かし方でそこから生まれる結果にも大きな違いが生まれます。
ぜひ、この機会に、これまでとは違う新しい解剖学に触れていただきたいと思います。

【トシ先生からのメッセージ】
解剖学と一言で言っても多種多様な学び方がありますが、私たちがお届けしたいのは、

「解剖学の知識が活かされる経験」です!

それは日常生活で起こる身体のクセや不調の原因を知る事、そこに対して治癒力を高める為の動きを学び、セルフメンテナンスへと意識を向ける事、それを近くの人に共有してあげる事で喜びは更に広がります。

解剖学に触れるのが初めての方はもちろん、ヨガ実践者の方、指導者、ボディーワーカー、セラピストの方にもオススメなコースです!

【詳細・お申し込み】