2015年10月12日

あるヨガルームでのひと時

IMG_2281.JPG

   
小浜島ありがとーー!!なんだか今回も素晴らしいご縁ばかりだった。
自分が正直であれば、人と心から会話ができる。
正直とは自分に噓いつわりがない心の状態。

噓いつわりは軽率な自分の言動の積み重ねから生まれる。
  
小浜島に住むヨガの先生達は自然そのものからの教えを知っていて、空間の間を大切に扱える人だった。
それはお互いを感じる間でもあり、窓から見える大自然を感じる間でもあり、リラックスする間でもあり、そのなんとも言えないグダグダな安心感みたいな間がある関係性が世の中には必要なんだと思う。
またあるタイミングで話がスタートし盛り上がる。

インドの話や瞑想、小浜島に住んでからの心境の変化、ヨガ流派から都内の話、あー帰りたくねーー!みたいな話まで笑
言ってしまえば、こんなたわいも無い「どーでも良い時間」がボクは最高に大好きで、どーでも良い事の中に素晴らしい気付きや教えは隠されている。

あるカードを遊びで引かせてもらったら「調和、ダルマ」と書かれていた。
とても興奮するトピックスで、思わず語り始めたボクのむさ苦しい話を、また先生達は正直に聞いてくれて、その中で質問や自分の経験を話してくれる。
話す側も聞く側も正直であれば調和が生まれ、その話は更に深くなり、真理の道へと導かれる。
調和とダルマ
人は皆んな幸せになりたいと願っている。だから自分が幸せである事を感じる時間を創ろうと思う。
目の前にある事に楽しさを見出し、ただがむしゃらにトライする喜びを小浜島の先生達はボクに教えてくれました。
今回も良き旅だったよ。