MENU

REPORT

開催レポート
HOMEリポート5Elements Yogaワークショップ受講者フィードバック 地の要素
イベントの開催レポートをご紹介します。

5Elements Yogaワークショップ受講者フィードバック 地の要素

【5Elements Yogaワークショップ受講者フィードバック 水の要素】
前回に引き続き貴重なフィードバックが届いています。
これからFE Yogaのご受講をお考えの方の参考になればと思います。
FE YogaのArt of Araimentoのテクニックと心に潤いを与えてくれる自然法則論をぜひ体験してみて下さい!
http://www.5elementskula.com

○水 Apの要素
トシ先生、今日は「水」のWS、ありがとうございました。
「水」のコンセプトは、前回までの「空」「地」よりも抽象度の高い概念のように感じ、なぜ骨盤周辺が『水』なんだろう?

と少し難しく思ったのですが、難しい、と感じた時に、あらためて自然の中の「水」をイメージすることで、自分なりに理解する手がかりが見つけられたような気がします。
身体的な面では、トリコーナアーサナで後ろ足の鼠蹊部を、あと2センチくらい後ろに引く事で、大腿骨がしっかりとはまり、上体の重さをほとんど感じなくなるようなポイントがあることを体感できました。「地」のアクションに「水」のアクションを加えられると、より小さな力で胸が開き、「空」の解放感を味わえるのですね。「水」のエレメントの骨盤と下肢の使い方は、微妙さが難しいと感じますが、「地」の意識をより洗練させ、発展させていくような感覚、と一旦位置づけて、練習していきたいです。
骨盤付近には、人間が生体を維持するために不可欠な「サイクル」を連想させる臓器が集中しているような気がします。

雨粒が大地を潤し、水蒸気となって空にかえっていくように、あらゆるものが、現れては消え、消えては現れ、しかし全く同じものは何一つない、という「再生」のサイクルの上にあり、自分も当然そのサイクルの中にあるんだなあ、という「なんとなく」の感覚。
生命という不思議さというか、その神秘を一瞬一瞬に味わうような感覚も「水」の感覚に分類できるのかな、と感じました。
今回、2時間のWSを前回まで以上にあっという間のように感じましたが、講義で説明いただいた内容を大切に、ゆっくり咀嚼しながら、実践を通して理解を深めていきたいです。
ありがとうございました。

MAIL MAGAZINE / メールマガジン購読